--/--(--) | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/04(火) | 検診


ニコたんの検診に行ってきた(^o^)
12月にうっ滞で血液検査などをしているので、できるだけ間を空けようと思ってキャンペーン期間ギリギリに(^_^;)

ニコたんはまだお尻あたりに換毛が残っているけど、よく食べていい●を出しているから心配はしていないけど歯は心配だ(-_-;)
だから先生には歯をよく見てくださいとお願いして診てもらった結果、右奥上の歯が伸びてきているらしい…
でも今はどこも傷つけていないし、よく食べているのでまだ削らなくてもいいとのこと。
私としては伸びていたらすぐに削ってもらいたいと思ってしまうけど、麻酔をかけて削るにしても無麻酔で削るとしてもやはりリスクがあるので問題が出てきてから削る方がいいらしい。

血液検査では問題なし(*^^)v
20140304_1.png

胸部レントゲンでは下顎骨の変形が指摘された(/_;)
老化と歯に問題があるとこのような変形が見られるらしい。
まだ軽度で何か治療をする段階ではないそうだけど、まだ4歳なのにこの先ひどくならないのかな…
先生も今のニコたんの生活で食事の改善の必要もないし、これも何か問題が出てきたら治療していくという感じ。
膿瘍にならないようにしたいな。
20140304_2.jpg

腹部レントゲンでは内臓脂肪が…
体重も0.4kgほど増えていたし、今よりもっと栄養価の低い野菜を増やしてあげないといけないかな。
20140304_3.jpg

そして、盲腸に食べたものがギッシリ入っているのを見て先生が、こんなに入っている状態で来る子はなかなかいないと笑って「いいことです」と褒めて(?)もらえた。
そんな検査結果を聞いている間、ニコたんはキャリーの中で野菜をむしゃむしゃ食べていて笑ってしまった(*^_^*)

帰ってから2~3時間はごはんを食べて寝てを繰り返していたけど、その後はいつも通りに元気なニコたん♡
20140304_4.jpg

もちろんすってんも(笑)
ニコたん、お疲れ様(*´∀`)
20140304_5.jpg

今のところしてあげられることは食事内容と、今までどおりの下顎マッサージを続けていくこと。
何かあればすぐに気づけるように見ていかないといけないな~。

テーマ : RABBIT(うさぎ) - ジャンル : ペット

Comment

No title

こんばんは。ニコたん、お元気そうですね^^
詳しく調べると誰でも若干の改善すべき点が見つかりがちですが
ニコたんは大丈夫ですよ。

悲しいお知らせですが、ザクちゃんが3月4日に亡くなりました。
3日の朝、くちばしに少し血が付いてるようでバードクリニックに
行きました。その後も出血があり止血処置をされて酸素室にも
入ったのですが。最後は私の手の中で酸素吸入されながら
じっとしていました。そして、もう無理のようでお家に連れて帰り
ました。
突然のことでなにか間違っていたのかと悩むのがつらく、少し
落ち着くと今度は凄まじい喪失感で苦しいです。家族がいなかったら
耐えられなかったと思いました。9年近くの幸せな時間をくれたザクちゃん
に感謝し楽しかった日々を考えるようにしたいです。まだ涙のほうが多いですが。そして見守ってくれた家族にも感謝しもっと優しく接しようと反省しました^^

ちゃたろうさんへ

ザクちゃん…ちゃたろうさんの手の中でお空に還ってしまったのですね…
ちゃたろうさん、お辛い中ご報告ありがとうございます。

いつもこちらでザクちゃんの様子を聞いていて、ちゃたろうさんはとても愛情深く、手厚くザクちゃんが過ごしやすいように工夫して、ザクちゃんは本当に幸せだなと思っていました。
巡り合うべくして巡り合ったとしか思えない通じ合い方をしていると感じていました。
小鳥さんって小さいのに大きい存在感で私達を癒やし幸せにしてくれますね!
ちゃたろうさんが間違っていたところなんて一つもないと思いますが、本人はどうしてもそう思ってしまいますよね…
どうかご自分を責めないでください!
ザクちゃんはちゃたろうさんの手の中から感謝の気持ちでいっぱいでお空に還ったと思います。
ザクちゃんにとって、大好きなちゃたろうさんの手の中で…こんなに幸せな最期はないと思います。

私もちゃたろうさんからザクちゃんのお話を聞くのが楽しみでした。
ちゅんちきさんの掲示板でザクちゃんの写真を見てすごくキレイ!って思ったのを覚えています。
ザクちゃんのがんばっている姿を想像して励まされていました。
ちゃたろうさんのご家族も優しくて温かい家庭でザクちゃんは暮らしてとても幸せでしたね。

ザクちゃん、みんなを幸せにしてくれてありがとう♡
どうか安らかにお眠りください。
ちゃたろうさんもご家族の皆様、どうかご自愛下さいね…

No title

もこまるさん 、ご心配かけています。ありがとうございます。
冷静でいられる時と悲しくて不安になるときがあり不安定ですね。
朝、ザクちゃんのくちばしに微かな血のようなものがついていたのですが
普段と変わらない様子でご飯もボレーも食べていたので予定通りに、
伸びきったくちばしを調整してもらいにクリニックに行ったのです。
きれいに整えてあり今後の説明を受けた時に、朝のくちばしのことをまた
話すと医師が口の中を診察して出血を発見しその後止まりにくくなり入院
となったわけです。長くなるので省いてもあり、わかりにくくてごめんなさい。
微妙なことが絡み合い原因が特定しにくいですが、私が朝にあっただろう
出血を見逃したことが不幸のスイッチを入れたのは確かかもです。
後悔のない最後を迎えさせてあげたかったです。どんなに大切にしても
完璧は無理で些細なことで命がスルッと離れていってしまうんですね。
長い愚痴でごめんなさい。ザクちゃんの思い出を大事にしたいです。
こちらでかわいいご家族を拝見するのを楽しみにしています^^

ちゃたろうさんへ

ちゃたろうさん…大丈夫ですか?
今は本当にお辛い時期だと思います。
私もザクちゃんがお空へ還ってしまったことと、ちゃたろうさんのお気持ちも痛いほどわかるので、コメントを読んでいて泣いてしまいました。
どうしても涙は出てきてしまうと思いますが、我慢せず泣いてくださいね。

お辛い中、ザクちゃんの当日の様子まで…こちらこそごめんなさい。
くちばしからの微かな出血をちゃたろうさんは見逃しておらず、先生に診察してもらっているので、ちゃたろうさんがスイッチを入れたということはないのではないかと思ってしまいます。

後悔のない最期を迎えさせてあげたいと私もいつも思いますが、本当に難しいことです。
できる限りのことをしたから後悔はないかというと、いなくなってしまった現実に向き合うとこうしておけばまだ一緒にいられたかもしれないと考えてしまったり…
私もモコ君の最期は安らかに迎えさせてあげたかったのに壮絶な最期になってしまって今も心が痛み悲しいです。

でも、こうも思います。
ザクちゃんにとって大好きなちゃたろうさんが精一杯お世話をしてくれて、手の中で迎えた最期はザクちゃんにとっては幸せだったなぁと全身で感じながら眠りについたと思います。
鳥さんは頭がいいので全部わかっています!

ザクちゃんの思い出、今までのようにたくさん聞かせてくださいね!
よろしければ左にメールフォームもあるのでお気軽にメールも使ってくださいね^^

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。