--/--(--) | スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09/12(土) | 私のうさライフ


私の実家で20年位前に一緒に暮らしたジャパニーズホワイトの
"うっちゃん"をご紹介します☆

子供の頃の私にとって、うさぎはとても神秘的な動物でした。
学校でも飼育されていなかったし、飼っている人もいなくて、
動物園などで見たことがあるくらいの動物でした。
だからもちろんペットとして家で飼うことができるとは
思っていませんでした^^;

ところがある日、私たち家族がよく行くペットショップで、
初めてうさぎが売られていました!
私はセキセイインコや文鳥を飼っていたので、
いつもは小鳥のところを見ていたのですが、
その日は入り口にうさぎがいたのです。
しかも値段は1,000円・・・( ̄◇ ̄;)

セキセイインコや文鳥のヒナでもその当時1,200円くらいだったのに
「えっ!1,000円でうさぎが飼えちゃうの!?」
とびっくりしたのを覚えています。

私は今までにたくさんの小鳥のヒナを買ってもらっていて、
学校に行っている間の世話は親がしていたので、
もう買ってもらえないだろうと思い、
妹に「パパにうさぎ買ってっていいなよ」とそそのかしたら、
父は私の思惑通り買ってくれたのでした( ̄ー ̄)シメシメ

今考えると仔うさぎではなかったし、叩き売りのような感じ
だったのかもしれません・・・
今のように種類や性別すら教えられず、連れて帰ってきたのです。

そんな経緯があって私が初めて一緒に暮らしたうさぎは、
"うっちゃん"だったのです。
(家族皆何の疑いも持たずに雄だと思っていた)

うっちゃんは私のイメージする"か弱いうさぎ"のイメージを
ことごとく崩していきました(笑)

20090912_1

階段の上り下りは余裕でこなし、私が学校へ行くと
2階に駆け上がり私の部屋で●チッコをして、
問題集の回答部分を1ページ食べられました( ̄□ ̄;)
しかも試験前しか勉強しなかった私は試験前に気づき、
大慌てしました(汗)
更には、妹の部屋の勉強机に上り鉛筆を齧り、
白い鼻は鉛筆で黒くなっていました。

うさんぽに公園に行った時は、
「うさぎさん、かわいい~」と5,6人の子供たちが寄ってきて、
乱暴に触られないといいなぁと思って見ていたら、
うっちゃんは子供たちを「ブーッ」と言いながら蹴散らしてしまいました。
ちなみに妹もよく威嚇されていました(笑)
20090912_2

ジャパニーズホワイトという呼び方も最近まで知らず、
ずっと日本白色種と言っていました。
最近になってうっちゃんがメスだったことに気づきました。
マフマフがあったし、偽妊娠もしていました^^;

うっちゃんと一緒に暮らして家族皆うさぎが大好きになりました。
うさぎのかわいらしさや、意外なところをたくさん教えてくれました。
特に父が一番ハマっていました。

私たち家族にたくさんの笑いと楽しさをくれたうっちゃんは、
5歳でお月様へ帰ったのでした。。。



それから10年ほど経って私が当時の彼氏とペット禁止のアパートで
暮らしていた時に、突然またうさぎと暮らしたくなったのです。
うさぎのかわいさは十分わかっていたし、
それに鳴かないからバレないので大丈夫だと思い、
ペットショップへうさぎを見に行きました。
ジャパニーズホワイトとまた暮らしたくて行ったのですが、
いませんでした。

そこで出会ったのが、茶色いミニウサギの"ピーちゃん"でした。
ピーちゃんは物怖じせずに部屋の中を探検して元気に
過ごしていました。
ところが、ピーちゃんはうちに来て1週間後、
その日の朝は元気な姿を見せてくれていたのに、
私が仕事から帰ると冷たくなっていました。
まだ写真も撮っていなくて、こんなに早くお別れするとは
思ってはいませんでした。

私は号泣しながらペットショップへ行き、
「どうして亡くなってしまったのか知りたい」と訴えましたが、
抗議しているように思われたのか、
「仔うさぎは突然死することがあるんです。他の子を差し上げます。」
と言われたけど、ピーちゃんの代わりなんていないんだ、と
とてもすぐに連れて帰ることはできませんでした。

しばらくメソメソしていたのですが、
やっぱりうさちゃんと暮らしたい!という気持ちがまた出てきて、
1ヵ月後そのペットショップへ行き、
元気に跳ねて遊んでいたモコ君に出会ったのでした。

うっちゃんとの生活があって、またうさぎと暮らしたいと思って出会った
ピーちゃんがいて、そしてモコ君・・・ぽぽたん。
出会ったうさちゃんとの思い出はすべて本当に素晴らしい思い出です(*'-'*)


スポンサーサイト

テーマ : RABBIT(うさぎ) - ジャンル : ペット

08/24(日) | はじめまして☆

もっと早くからモコ君との記録を残しておきたいと考えていたのですが、なかなかできずにここまできてしまいました^^;
もともとマメな方ではないので、日記も滞りそうだなと二の足を踏んでいましたが、モコ君も歳をとりこのまま記憶だけで回想するよりも形に残したいと思い、始めることにしました。



モコ君は2001年11月4日にペットショップで飼いました。そのとき2ヶ月くらいと言われて詳しい誕生日はわからなかったので、9月1日として歳を数えています。。。


うちに来て間もない頃のちびモコ↓

大きな病気は今までないですが、5歳で膀胱炎になり長期に渡り血尿が治りませんでしたが、民間療法で何とか完治したのも束の間、6歳で再発・・・。その膀胱炎の治療中にうっ滞を起こし入院、あと一歩のところで手術になるところでした。静脈点滴で何とか回復し、今は両手が禿げています(>_<)治療の甲斐あって膀胱炎も完治し現在は元気にしています。


半年でとても大きく成長していました^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。